麻生 真稔(アソウ マサトシ)
1989年11月21日生

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる、花、木、屋外

■競技歴■

幼少期から水泳をはじめる。
10歳以下から全国大会出場するのが当たり前の名門クラブチーム所属しながら、中学2年までは、芽が出ず、全くの無名選手であった。
しかし、中学2年次に水泳の最長種目である、1500M自由形に転向したのが功を奏し、中学3年次には、全国準優勝を果たす。

高校進学後は記録を伸ばし続け、高校では全国優勝4回のチャンピオンとなる。その後、「期待の新人」として、鳴り物入りで水泳強豪大学に進学したものの、大学生になってから一転。記録がまったく伸びなくなり、大きな挫折を味わう。

挫折をきっかけに、これまでを顧みると「ただやみくもに練習をしていただけだった」ということに気が付き、「自己との対話」の大切さを重んじるようになる。

その後、「自分の身体を、自分が一番上手に操れるドライバーになろう」と心がけたことで、パフォーマンが向上し、再度記録が伸び始め、2011年には全日本準優勝を果たす。しかし、2012ロンドン五輪最終選考で夢破れ現役引退。

「オリンピックに行けなかったときの逃げ道がある様でイヤだ」
という理由で、就職活動をしていなかったため引退後は、ただのフリーターになる。

はじめてのアルバイトを経験する中で「ただなんとなく過ぎていく日々」に嫌気がさし、単身でアメリカに渡る。
なお、当時は水泳とはかけ離れた生活をしていたため、渡米の目的は、水泳ではなく、単に「英語の習得」であった。

アメリカ滞在中、ひょんなことからイアン・ソープ等、数々のオリンピックメダリストを育てたミルトコーチに偶然出会い、水泳理論を直接学ぶことになる。

ミルトスイムの理論に感銘をうけ、帰国後に一度は現役復帰も考えたが、「水泳で泳ぐ人の人生を豊かにしたい」という想いから、現在は、アメリカで学んだミルトスイムに、伝統武術を掛け合わせた「infinity swim method」を考案し、伝えている。

麻生真稔の note   ←こちらには、競技者だったものとして、また指導者として、目標達成のための思考法について記載しています。

■主な競技実績 ■
インターハイ2連覇
JOCジュニアオリンピック春夏連覇
ジュニアパンパシフィック国際大会代表選手
サンタクララ国際大会代表選手
全日本選手権5度入賞経験アリ (最高順位 2位)
OWS上海世界水泳代表選考会 準優勝
ロンドンオリンピック選考会 最終選考8位

 ■Aso infinity farm 合同会社 代表

■担当レッスン・講座 ■
●レッスン
infinity ファーストパック・コンフォートパック
「パーソナルレッスン」(新規でパーソナル受講希望の方はinfinity ファーストパックにて承ります)
スイムデートチケット
「泳ぎの基礎とは」
「オーダーメード練習会」
「賢くなる水泳教室」(キッズ向け)

●講座
「中学2年まで無名選手だった僕が、全国優勝4回・全日本準優勝できた理由」
「『練習しても結果が出ない』がなくなる講座」
「正しい目標設定の仕方講座」
「infinity workout planner 使い方講座」
※infinity workout planner:無駄な練習をし続けないための練習手帳

麻生真稔のレッスン・講座へのお申し込み、お問い合わせはaso.swim.farm@gmail.comまでお願いします。
※現在、多数のご予約をいただいております。お待たせして申し訳ございません。

 

youtubeでも情報をご案内中!チャンネル登録お待ちしてます。

 

2 thoughts on “infinity swim method 考案者 麻生真稔

  1. 近藤祥子 返信する

    オアシス新宿20:30からのレッスン参加したいです。オアシス会員ではありませんが、オアシスに申込すればよろしいでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です